整形外科手術の特徴や準備

顔に触れる女性

入念な準備を心がける

仙台の美容整形外科は、美容目的で形成外科手術を行うのが基本業務です。例えば、二重手術の切開法やメスや糸などを使うリフトアップ手術、鼻にシリコンなどを入れる隆鼻術などが挙げられます。いずれにしても体にメスなどで傷を付けて行う手術です。手術中は麻酔が効いているので痛みに耐えられるのが一般的ですが、大抵術後は痛みと腫れが生じます。その期間をダウンタイムといい、受けた手術によって長さはばらばらです。近年は体にできるだけ傷を付けずに済む、いわゆるプチ整形がメジャーになっています。プチ整形の走りは二重整形の埋没法で、長きにわたって人気の施術ですが、ダウンタイムの必要がないレーザーによる施術もポピュラーになりました。仙台の美容整形外科は美容皮膚科を併設しているところが多く、レーザーによる施術は美容皮膚科医が担当するのが一般的です。レーザーはシワやしみ治療、リフトアップ治療など、幅広い用途に応用されています。また、ボツリヌストキシンやヒアルロン酸などの薬剤を使った注射治療も盛んです。

仙台の美容整形外科で、メスなどを使って体に傷が付く手術を行うときは、より慎重になる必要があります。ほとんどの手術は後で失敗したと感じても、元には戻せないからです。仙台には何軒か美容整形外科があるので、無料カウンセリングを受けて、希望する手術を安心して任せられる医師を探すと良いです。できれば希望する手術のビフォーアフターの写真などを見せてもらったり、医師に何件くらい実例があるか聞いたりします。ダウンタイムや副作用、手術のリスクに関してもしっかりと聞いてから、手術を行うか否か考えてください。カウンセリングした日はこうした説明と手術費用の説明を受けます。当日に予約を入れなくても問題はなく、何軒かの美容整形外科を回って相談しても構いません。手術を受けることが決まったら、手術日からダウンタイムの日数を含めてスケジュール調整すると良いです。腫れや痛みがひどい期間は、有休を取るなどしたいところです。寝不足だったり体調が悪かったりすると腫れやすいといわれるので、手術日に向けて体調を整えてください。